「stage W」について

6層7段立体駐車場

6層7段 国土交通大臣認定を業界初取得
より多くの駐車台数を確保。敷地を最大限に活かします。

従来、「一般認定」の自走式立体駐車場は5層6段までしか対応出来ませんでした。
そのため、6層7段の計画では費用や設計期間が大幅にかさむ「個別認定」で対応していましたが、
綿半ソリューションズは業界で初めて6層7段の「一般認定」を取得いたしました。

メリット

図1のように、多層化により建築面積の占有率を少なく計画することが可能になります。
また、図2のようにフラット式とした場合の目安では6層7段の駐車台数は1,120台、最大延床面積は24,000m2になります。

図1
複数棟必要だったのが…1棟で足りるため、敷地が空く
図2
図
※フラット式とした場合の目安

プロモーションビデオ

1分間で6層7段のポイントがわかります。

スーパーロングスパン

より使いやすい駐車環境を追求し、可能性を大きくひろげる

綿半ソリューションズは、柱間スパン最大17.2mの開放的な駐車空間を実現しました。
ブレースや中間柱が不要な構造のため、車の入出庫がスムーズで見通しも良く、使う人に優しい設計になっています。
広々とした空間なのでプランニングの自由度が高く、ゆとりある利便性の高いレイアウトも可能です。

イメージ図

メリット

認定駐車場は一定の箇所に中間柱が存在します。
そのため、直列駐車のレイアウト設計が条件となります。
スーパーロングスパンは中間柱が無いので、
斜め駐車でのレイアウト計画が可能
です。

イメージ図

プロモーションビデオ

1分間でスーパーロングスパンのポイントがわかります。