「stage W」について

綿半ソリューションズの「stage W」

私たちは、業界屈指の立体駐車場メーカーとして長年培ってきたノウハウと柔軟な発想を以て開発を重ね、常に新しいステージを目指しています。
全ての方にとって安心して、快適にご利用いただける駐車環境をご提供できることをお約束します。

立体駐車場メーカー

私たちは立体駐車場のプロフェッショナルです

当社は、1960年代から主幹事業の一つとなる鉄鋼事業を開始しました。
約半世紀に亘り、首都圏・東海をメインに鉄鋼加工と施工の経験を積み重ねてまいりました。
その鉄骨加工技術や構造設計のノウハウ、建築工事の経験を活かし、立体駐車場メーカーとして全国展開しています。
様々な施設の駐車場棟として幅広くご採用頂いています。

写真
写真

認定駐車場「stage W」

認定駐車場とは

stageWは国土交通大臣認定の認定駐車場です。認定駐車場は一般建築に比べて建築確認申請の所要期間が短縮できるため、ご計画を早期に進められます。
また、防耐火などの緩和を受けているため、余分な費用を抑えられます。

Speedy 短工期 Low Cost 低コスト Quality 安定した品質
写真

最適な駐車プランをご提案

敷地を有効活用して駐車場を建設したい、計画建物の附属駐車場を検討している等ご計画を是非ご相談ください。
ご計画地の条件、お客様のご要望をお聞きして、最適なプランをご提供します。

  1. 1 お問合せ
  2. 2 プラン検討、図面作成
  3. 3 プランご提案
  4. 4 ご検討

認定形式種類数 業界トップ

建設業許可 国土交通大臣許可(特・般-27)
第16335号
【土木、建築、鋼構造物、電気、他】
一級建築士事務所 東京都知事登録 第60741号
大阪府知事登録 (イ)第24941号
福岡県知事登録 第1-61174号
所属団体 一般社団法人 日本自走式駐車場工業会

イニシャルコストのファイナンシャルサポート

通常のお客様との工事請負契約のほかに、初期費用の発生を抑える形態としてリース会社による「支払委託契約」があります。
私たち工事業者に対する工事請負契約等に基づく工事代金の支払いを、リース会社に委託し、お客さまからリース会社へ分割で工事代金をお支払い頂くものです。

イメージ図 イニシャルファイナンスサポート

自走式立体駐車場の基礎知識

「stage W」シリーズは、自走式立体駐車場として、その材料及び施工方法について、建築基準法に基づく国土交通大臣の認定を受けています。
構造計算は立体解析にて検証を行い、より確かな安全性をお約束します。
また、立体解析を行う事により確認申請時の適合性判定をスムーズに通過させます。
すなわち、現場着工の遅れとなる要因を低減させます。

階層の種類

自走式立体駐車場は、その階数規模と床の形状の種類があります。
階層を「○層○段」と表し、stageWは一般認定で6層7段まで対応できます。
また、各フロアーの形状は3種類あります。

イメージ図 階層の種類

床型式の種類

フラット式

各階層をスロープでつなぐ形式で、自走式駐車場の最も基本的なタイプです。
フロア全体が平らなため、ショッピングカートを利用する商業施設や、高齢者や車椅子の方が利用される病院などに適しています。

イメージ図 フラット式

スキップ式 / フラット段差式

フロアを段違いに組み合わせ、半階ずつスロープでつなぐ形式です。
スロープは半階分の長さのため、狭い敷地にも対応できます。駐車効率に優れているので、集合住宅や一般の時間貸駐車場に適しています。

イメージ図 スキップ式 / フラット段差式

連続傾床式

フロア全体をゆるやかに傾斜させ、各階層をらせん状につなぐ形式です。
スロープが昇降と車路を兼ねているため駐車効率が最も優れており、少しでも収容台数を増やしたい時間貸駐車場などに適しています。

イメージ図 連続傾床式